VOICE先輩の声

製造部 MANUFACTURE
DEPT.
製造部 下出 祥司
下出 祥司
Syouji Shitade
小牧工業高等学校 化学電気科卒
平成16年(2004年)入社

01
THE REASON 三協に決めたワケ

もともとバイクが趣味で、整備をしたり、パーツをさわったりすることが好きだったので、部品製造や機械系の仕事に就くことが憧れでした。そんな中で三協に決めたのは、最新の溶接ロボットや大物を造型するラインなど最先端の技術が揃っており、そのラインを見た途端、胸にグッときたからです。機械好きにとって、その迫力とカッコよさはまさに感動もの!ここなら最先端の技術に関わることができると直感して、すぐに入社を決意しました。

02
THE PRIDE OF US ウチの自慢

社内にあるトレーニングジムが自慢です。中学生の頃から体を鍛えることが好きだったので、この設備には声をあげて感動してしまいました。しかも、大手フィットネスクラブにあるようなマシンが揃っていて、初めて見たときは圧倒されたほどです。これを、社員なら誰でも自由に利用できる!忙しい時はなかなか行けませんが、先輩を誘って仕事終わりに汗を流すと、体がスッキリして、また明日も頑張るぞ!と意欲が湧いてきますね。

03
WHAT I DO 今の仕事の内容

実際に製品を造る現場で、製品の溶接ラインや組立ラインを担当しています。主に担当しているのは、住宅の分野で使われている耐震性の製品です。ロボットを使って製品のパーツを溶接し、仕上がった製品を検品して計画通りに完成させていきます。注目の製品だけに、やり甲斐がありますよ。

04
WHAT I FEEL REWARDED 仕事のやりがい

最新ロボットを駆使する、それが一番の楽しみですね。ロボット設備のメンテナンスにも携わっているため、上司から「ロボットに触っている時の表情が一番いいな」と褒められたこともあります(笑)。そこで一念発起して、それならと自主保全士の受験に思いきって挑戦!難しい専門知識を覚えるのに苦労しましたが、無事に合格できました!最近では、生産計画を指揮する進捗管理にも関わるようになり、将来的には責任者として仕事ができるように今から猛勉強中です。

05
THE MOTTO  ワタシのモットー

真面目に・楽しく・一生懸命がモットーです。ただ真面目に取り組むだけでは、面白くなりません。そこで私の場合は、好奇心を持って、仕事の中にも楽しみを見つけるよう心がけています。そんなモチベーションを上げることは、いい仕事をするためには必須だといえますね。

06
THE THINGS I ENJOY 趣味&オフの楽しみ

750ccの大型バイクに乗って、友人とツーリングする、その爽快感はたまりませんね。30年ぐらい前の旧車ですが、バイク屋でひと目惚れした愛車です。見た目のカッコよさ、旧車ならではのエンジン音が最高!!でも最近は、子どもが生まれたので、家族と一緒に過ごす時間を大切にしていますね。家族が増えたことで、仕事に対する意欲もグッと強くなり、もう一歩上に成長しようと自らを高めています。

07
FLOW OF A DAY 1日の仕事の流れ

ロボットを使って製品のパーツを溶接し、仕上がった製品を検品していきます。なかには、溶接が足りない製品も出てくるので、一つひとつ丁寧に溶接し直すことも重要な役割となります。ロボットや機械が思うように作動できないケースもありますが、そうした場合は作業を中断してトラブルの原因を探究・整備に励むこともあります。製品を造るための機械に手を加えて、自分たちに合うよう整備する、そして無事に再稼働した時は、我ながら感動ですね。

08
THE GOOD THINGS 三協に入社して「よかった!」こと

何よりも上司と先輩に恵まれていること。時には気さくに冗談を言ったり、時には厳しく叱ってくださる、本当にいい関係だと実感しています。私自身、後輩にとって、自分の上司や先輩のような存在でありたいと思います。同時に、自分の知っている知識や技術、経験は全て教えてあげたいと思います。

MESSAGE FOR THE STUDENT 学生へのメッセージ

たとえ小さな部品であっても、ひとつのモノを完成させる仕事は、充実感を味わう最高の仕事だと思います。そんな社員のやる気を歓迎してくれる職場、これが三協です。やりたいことがあれば、上司や先輩に全力でぶつかっていけば、必ず背中を押してくれます。やる気次第でどんどんキャリアアップできる企業風土のなかで、モノづくりの楽しさをぜひ一緒に満喫しましょう!

製造部 下出 祥司

MEMBER'S VOICE先輩の声