VOICE先輩の声

業務部 OPERATION
DEPT.
業務部 石原 祐介
石原 祐介
Yusuke Ishihara
愛知大学 経営学部卒
平成23年(2011年)入社

01
THE REASON 三協に決めたワケ

父が、三協と同じ自動車部品の製造業で働いていて、幼い頃から「この部品はウチの会社で作っているんだぞ」という話をよくしてくれました。自分も、父のように胸を張って自慢できるモノづくりの仕事をしたいというのが入社の大きな動機でした。三協は、社員の人柄も魅力的で、面接でも雑談が中心という明るい雰囲気でした。それが、とても好印象で入社もすぐ決意しました。

02
THE PRIDE OF US ウチの自慢

理系文系に関係なく、色々な選択肢を用意してもらえるのが魅力です。もちろん、製造技術に関わる仕事は理系出身者が多くを占めていますが、やる気次第では希望することもできると思います。その他にも、営業職や人事総務職、生産管理職など、さまざまな業務フィールドが用意されているだけに、希望はもちろん、適性に合った仕事に就くことができる環境だといえます。

03
WHAT I DO 今の仕事の内容

お客さまから注文を受け、製品の生産工場に発注し、納品完了するまでをフォローする、これが私たちの仕事です。お客さまと、製品の仕入れ先の両者をつなぐ立場になるため、自分の不注意でミスが起こると、多方面に迷惑をかけることになります。製品の納品が遅れることで、お客さまの業務進行を止めてしまうこともあるだけに、スケジュール管理は本当に大切になります。そういったミスを起こさないために、受注の際は注文を正確に把握するよう努め、常日頃から在庫確認を徹底するよう心がけています。

04
WHAT I FEEL REWARDED 仕事のやりがい

時には、納期や数量の面で、一見無理だと思うような注文が入ることも少なくありません。それでも、たとえ難しい状況にあっても、機転を利かせて動き、各方面に打診した結果、注文通りに対応できるように全力を注ぎます。その時の達成感は格別ですね。どんなケースでも、ひとつ経験を積めば、それが自分の対応力に直結します。いわば逆境こそ、自分の力を試すチャンスであり、自分を成長させるステージだと思っています。

05
THE MOTTO  ワタシのモットー

同じミスを繰り返さないことです。入社1年目は失敗が多く、お客さまや仕入れ先にご迷惑をかけてしまうこともありました。小さなミスだとしても、お客さまには莫大な損失につながる可能性が無いとは言えません。すぐに上司に相談することはもちろんですが、二度と起こさないよう記録にもきちんと残すようにしています。万が一同じケースに陥ったとしても、このノートを振り返ればきっちり対処できますから。

06
THE THINGS I ENJOY 趣味&オフの楽しみ

入社してからランニングを始めました。三協には『三協ランニングクラブ(SRC)』という集まりがあり、年に数回はマラソン大会に出場しています。私が初挑戦したのは、2013年の名古屋シティマラソン!大会当日に向けて、休日は毎週のように走り込んで体づくりをしていきました。走ることで頭もスッキリしますし、これからもずっと続けていきたいですね。

07
FLOW OF A DAY 1日の仕事の流れ

毎日の基本はデスクワークです。お客さまからいただいた注文を、その日にきちんと正確にこなしていく。その繰り返しの中で、全体の流れがよりスムーズになるよう考えたり、ミスが起こらないよう配慮して動くことが、生産管理の仕事の醍醐味といえます。シンプルな仕事ですが、自分の動き次第で、仕事の結果が大きく変わるだけに、大きな手応えを日々実感していますね。

08
THE GOOD THINGS 三協に入社して「よかった!」こと

倍以上年の離れた上司や先輩でも、気軽に話しかけてくださるのがうれしいですね。仕事の中でも気に掛けてくださって、任される仕事量も無理のない範囲。状況を見ながら、新しいことにも挑戦させてもらえ、とてもバランスよく仕事ができる環境です。仕事が終わった後は、食事に誘っていただくことも珍しくありません。オフならではのプライベートな話ができ、人生の先輩から色々なことを勉強させてもらっています。

MESSAGE FOR THE STUDENT 学生へのメッセージ

社会人になると、忙しくて自分の時間を持てなくなるもの。でも三協は、プライベートを大切にしている人も多く、オンオフの切り替えがしやすい職場環境だと思います。上司や先輩とも気兼ねなく付き合えますし、何より誰もが気持ちが若いので、本当に話が合います。就職活動中の企業訪問では、どこの会社に行っても上司に対する苦手意識を強く感じていました。でも、三協は別ですね。それが入社してみると、より一層実感できますよ。

業務部 石原 祐介

MEMBER'S VOICE先輩の声